センター長挨拶

埼玉大学 研究機構 総合技術支援センター長

大学院理工学研究科 環境科学・社会基盤部門

教授 奥井 義昭

総合技術支援センターでは埼玉大学の教育・研究の様々なサポートを行っています。 教育・研究活動に必要な機械器具や電子回路の設計と試作、化学実験用ガラス器具の作成や作成技術の講習、3Dプリンタによるモデル作成などを行っています。さらに、情報メディア基盤センターのサポートや大学のネットワークの保守、広報のためのホームページの作成と運営、教員データベースの保守と運営などIT関係の業務も行っています。これ以外にも、毒劇物の登録などの安全管理業務や、科学分析センターの分析装置の管理・運用など、専門性が高く技術的にも難しい業務を担当しており、活動は大学内の多種多様な分野に及んでいます。

さらに、学外においても大学内で得られた知識や技術を利用して、地域貢献活動を行っています。例えば、県内の高校を対象とした実験用ガラス器具作成の講習会や、理科教育の支援、小学生を対象としたものづくり教室などを開催しています。

教育・研究に必要なことで技術支援が必要な場合は、遠慮無くお問い合わせください。意外と身近に高い技術をもったプロがいることに驚くかと思います。

今後とも、皆様の支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

2018.4.1