業務体制

総合技術支援センターは研究機構内の組織で、現在45名が所属しています。

当センターの技術職員は、「機械建設系」「電気電子情報系」「物質・生命科学系」の3系に分かれ、理工学研究科・理学部・工学部の教育研究支援業務および科学分析支援センター・情報メディア基盤センターの支援業務を行っています。

この他に、全学支援業務として「全学広報支援」「科研費申請支援」「電気工作ショップ」「3D画像制作支援」「教員データベース」「安全管理」「ホームページ構築支援」「実習工場試作業務」の8プロジェクト、地域貢献業務として「ガラス細工技術講習」「ものづくり教室」の2プロジェクトがあります。これらは所属する系を超えてチームを組み活動しており、今後も新規プロジェクトの設置を予定しています。

また、研究協力部情報基盤課情報整備係との併任、ウェブサイト作成などの事務組織に対する技術的支援も行っています。総合技術支援センター室は、各プロジェクトの打ち合わせや会議に利用され、当センター業務の拠点となっています。ここでは、学内に向けた技術相談窓口を開設するとともに、学内に納品される毒物・劇物の一括登録も行っています。

そして、日頃の職務等を通して習得した技術的成果や知見を発表し、他大学を交えた技術職員相互の技術的交流を深め、資質の向上を図ることを目的として、年一回「技術発表会」を開催しています。

さらに、当センターにおける活動を広く学内に紹介することを目的として、年に数回ニュースレターを発行しています。

平成28年4月