H23年度工学部オープンラボ

大学祭期間中の11月3日(木)に工学部オープンラボが開催されました。


当日は大学祭の初日であり、天候にも恵まれたくさんの方の来場を頂きました。 工学の世界を体験できる、さまざまな実験・体験コーナーに延べ約1,500名を越える来場者を記録するなど、 好評のうちに終了いたしました。

技術部では15名の職員が仕事の成果を基に、一般の方々が見学・体験できるように工夫したテーマを出展しました。

出展したテーマは以下の3つです。

H23工学部オープンラボポスター
・機械工学科の「モノづくりコーナー」
NC工作機械を用いて「埼大ロゴマーク」や「ペンダントトップ」を加工しているところを見学していただきました。 また、希望者には旋盤を用いた「おねじ加工」の体験をして貰いました。完成した加工品は記念として差し上げました。

小学生による「おねじ加工」の体験

加工品の色づけ。順番待ち発生

・電気電子システム工学科の「スピーカを作ろう」
磁力の強いネオジム磁石を用い、小学校低学年向けには簡単な紙コップを用いたスピーカを、小学校高学年やご父兄の方には、 少し難度の高い平面形スピーカを作製していただきました。
紙コップスピーカを製作中

平面形スピーカ

・応用化学科の「ガラス細工実演」
花瓶、醤油差し、鶴、豚、ペンダントヘッド、マドラーなどを製作しました。
展示した作品はビンゴ大会で見学者に差し上げました。
展示物の数々と花瓶製作の実演ビンゴ大会の様子