H25年度工学部オープンラボ

大学祭期間中の11月2日(土)に工学部オープンラボが開催されました。

当日は大学祭の初日でもあり、工学の世界を体験できるさまざまな実験・体験コーナーに多数の来場者を迎える事が出来ました。

総合技術支援センターでは16名の職員が普段の仕事で培った技術の中から、一般の方々が見学・体験できるように工夫したテーマを担当しました。


担当したテーマは以下の5つです。

H25工学部オープンラボポスター
・機械工学科の「ものをつくる機械(機械って、すごい!)」
実習工場にて、工作機械の見学とNC機械の実演加工、ものづくり教室を行いました。実演加工で製作したメダルとものづくり体験で作った「パタパタ」は、来場者へ記念品として進呈しました。また、進呈したメダルへの打刻体験も行いました。

工作機械の作業を見学

出来上がった記念メダル

・電気電子システム工学科の「スピーカを作ろう」
紙コップを利用したスピーカの製作を行いました。自作の紙コップスピーカから音楽が流れると皆さん感動されていました。 少しでも、もの作りに興味を持っていただけたなら幸いです。
紙コップスピーカを製作中

紙コップスピーカの材料

・応用化学科の「ガラス細工実演」
開催の1ヶ月ほど前から仕事の合間を見て展示品(ランプ、花瓶、動物、マドラーなど)を製作しました。ご来場の方々には花瓶、鶴などの製作工程を見ていただきました。
展示した作品はビンゴ大会で見学者に差し上げました。
実演中

ビンゴ大会の様子

・建設工学科の「コンクリート3分間クッキング」・「浮沈子を作ろう 〜浮力で遊ぶ〜」
日常であまり触れる機会のない、セメントの水和反応やアルキメデスの原理について親しめるよう、自分の手を使って体験してもらいました。当日はあいにくの天気でしたが、参加された皆さんは夢中で作業に没頭していました。

コンクリートクッキング浮力で遊ぶ